ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


事業領域

 

富士フイルムロジスティックスが推進するロジスティクスの革新

私たち富士フイルムロジスティックス(FFL)は、時代に先駆ける形で、コアコンピタンス経営を指向し、間接部門統合やアウトソーシングといった、今では常識となった企業戦略の一翼を担ってきました。富士フイルムグループの物流コンサルタントとして、グループ全体のロジスティクスをシステムインテグレーターの視点で構築・運用。その豊富なノウハウとスピーディな行動力は、単なる運搬手段の提供だけでなく、メーカーからユーザーに商品を届ける流通経路から使用済み製品の回収・廃棄まで、物流のすべてをコーディネートするロジスティクスパワーに昇華しました。FFLは、今新しいウェーブをロジスティクスに起こそうとしています。

[図]富士フイルムロジスティックスが推進するロジスティクスの革新

ロジスティクスの最先端を担う3PL

現在、企業のロジスティクスには、21世紀の新しい視点に立つ革新が求められています。IT(情報技術)の高度化にともない、ロジスティクスも急速なインテリジェント化が始まりました。資材や部品の調達から、製品の生産、そして梱包・保管・配送という従来の物流を市場の動きと同時化させ、その効率を最大化させるロジスティクスへと再構築する戦略は、SCM(サプライチェーンマネジメント)の推進など、これからの企業戦略の根幹を成すものとなるに違いありません。そこで今脚光を集めているのがサードパーティ ロジスティクス(3PL)。サードパーティは、アメリカで提唱されたコンセプトで、メーカーや卸・小売りなどの荷主(ファースト パーティ)でも、物流会社(セカンド パーティ)でもなく、ロジスティクスを担う第3者を意味しています。企業の物流アウトソーシングを引き受け、ロジスティクスの設計から改革に着手し、企業に最適な物流システムを提案します。とりわけ、さまざまな企業が連携するSCMを構築する基盤としての役割が大きく注目されています。

[図]ロジスティクスの最先端を担う3PL

[図]ロジスティクスの最先端を担う3PL

ノンアセット3PLのFFLだから、できること

今、FFLでは、企業ロジスティクスの戦略的なアウトソーシングを担う3PL事業を積極的に展開しています。私たちFFLは、自社でトラックや倉庫などの設備をもつ既存の物流会社によるアセット型3PLに対して、そうしたインフラを所有しないことで制約を受けることなく、お客さまの立場に立って最適なロジスティクス体制を選択、提案できるノンアセット型3PLです。 FFLでは、ノンアセット型3PLならではの特徴を最大限に生かしたロジスティクスコンサルティングを推進。例えば荷主、運送会社などロジスティクスにかかわる施設をインターネットで結び、刻々と変化する市場ニーズに合わせてリアルタイムで情報・管理を共有しながら、最適なロジスティクスソリューションを提供できます。それにより、不良在庫や欠品は大幅に削減され、物流効率を最大限に発揮でき、物流コストの圧縮に大いに貢献します。人、モノ、情報の最適な流れが生みだす力は、かつて思いも寄らなかった新しい価値、サービスを創造します。今、その最先端を走るFFLのパワーロジスティクスにご期待ください。

[図]ノンアセット3PLのFFLだから、できること

関連情報

富士フイルムグループを統括する持株会社です。

富士フイルムグループのイメージングソリューション、インフォメーションソリューションをリードする事業会社。

富士フイルムグループのドキュメントソリューションをリードする事業会社。


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る